調査研究事業

  •  
  • 2019年度
    ・「ワーカーズ・コレクティブの未来を拓くプロジェクト」設置(神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会と合同でのワーカーズ・コレクティブに関連する法制度についての調査・研究)

  • 2018年度
    ・「市民による生活支援活動促進のための研究・共育機能検討プロジェクト」設置(神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会と共同研究)
    ・少子高齢社会の到来に伴う、地域に必要な『居場所事業』の在り方と事業の継続にむけて活用できる制度などの調査研究
    ・横浜市における生活困窮者就労支援の在り方研究会(NPO法人ユースポート横濱と共同研究)

  • 2017年度
    ・生活困窮者自立支援制度の調査研究

  • 2016年度
    ・神奈川におけるワーカーズ・コレクティブを中心とした非営利・協同セクターの発展にむけた中間支援組織機能の研究会設置(神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会と共同研究会)

  • 2015年度
    ・地域たすけあいネットワークづくりの調査研究(神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会と共同 研究)
    ・NPO法人参加型システム研究所「市民参加による『農的空間』の活用と展望について共に考える研究会」に参加
    ・公益財団法人生き活き市民基金の「マイクロクレジット研究会」に参加。

  • 2014年度
    ・「くらしのサポート共同事業(生前整理・引き払い事業)」のニーズ等の調査研究
    ・「ワーカーズ・コレクティブのガバナンス調査」を実施(市民セクター政策機構、ワーカーズ・コ レクティブネットワークジャパンとの共同調査)

  • 2013年度
    ・福祉クラブ生協「障害者・若者の就労支援検討委員会」に参加
    ・ワーカーズ・コレクティブで働く若者の実態調査から、ワーカーズ・コレクティブの多様性を明瞭にするための課題の整理。予備調査。
    ・神奈川NETの「若者の就労支援プロジェクト」に参加。

  • 2012年度
    ・神奈川NETの「若者の就労支援プロジェクト」に参加。
    ・市民セクター政策機構と「若者就労」に関する調査研究

  • 2010年度
    ・社会的事業所制度制定活動準備会に参加
    ・保育政策研究会を立ち上げ、実態調査を実施。

  • 2009年度
    ・社会的弱者とされた方たちの働き場づくり・継続への支援・育成にむけた調査研究

  • 2008年度
    ・ワーカーズ・コレクティブに就労した若者の定着に関する問題・課題を探る調査研究
    ・若者、障害者就労を推進するための実習協力事業者育成にむけた調査研究
    ・福祉クラブ「障害者とのネットワーク方針」検討PJに参加

  • 2007年度
    ・「コミュニティワークの社会保障」の調査研究
    ・「若者職場体験実習コーディネート事業から見えた問題・課題の整理」の調査研究

  • 2006年度
    ・「ワーカーズ・コレクティブ共済事業の継続と全国版の検討」
    ・2006年度ワーカーズ・コレクティブ活動実態調査
    ・2006年度福祉関連ワーカーズ・コレクティブ活動実態調査
    ・ワーカーズ・コレクティブによる障害者就労支援モデルづくりの研究
    ・2006年度一次預かり保育実態調査

  • 2005年度
    ・ワーカーズ・コレクティブ実態調査
    ・在宅福祉ワーカーズ・コレクティブ実態調査
    ・ワーカーズ・コレクティブによる一時預かり保育実態調査
    ・ワーカーズ・コレクティブによる障害者就労支援のしくみづくりの提案
    ・ワーカーズ・コレクティブによるワーク時間調査
    ・2006年度チャレンジ講座企画のための調査

  • 2004年度
    ・「家事介護ワーカーズ・コレクティブ、デイサービスワーカーズ・コレクティブにおける介護保険サービス利用者の介護度推移調査」実施
    ・「ヨーロッパにおける社会的協同組合の役割と現状」の調査
    ・NPO法人市民がつくる政策調査会「市民労働」プロジェクト」に参加。
    ・ワーカーズ・コレクティブによる雇用関係のない新しい働き方による「市民」が参加する事業活動の実態と介護保険事業のスタートに伴い、女性が中心に担っている介護労働(ケアワーク)の低賃金化などの問題の洗い出しと整理。

  •