キャッチイラスト
最新情報見出し
□2018/4/12


機関誌SEN77号を発行しました。掲載内容は広報事業ページをご覧ください。

□2018/03/22


第14回 通常総会開催と記念講演のご案内

第14回通常総会を開催いたします。 総会後は、慶應義塾大学教授 駒村康平氏の記念講演を開催します。日本の社会保障制度に詳しく、誰もが不安に感じている現状について分析して頂きます。「共に働く・暮らす」をテーマにしている協会が進むべき道のりに確信を持って活動するため一緒に考え、学びたいと思っています。

  • 日 時  2018年5月14日(月)
  • 第1部  第14回通常総会  13:00~14:45
  • 第2部  記念講演       15:00~16:45
  • 会 場  波止場会館 http://www.hatoba.jp/
          みなとみらい線 「日大大通り」駅2番出口から徒歩5分


協会の冊子のご紹介です
「はたらく(働楽)」~ともに働く文化を広げる

はたらく(働楽) 協会の12年間のあゆみを1冊のブックレットにまとめました。  効率や経験、資格を重視した働き場では馴染めない人たちが増えてい  る中で、働き方が 100%か0%の選択しかない就労状況では、彼らは  はじき出されてしまいます。自分を大切にでき、かつともに働く仲間を  尊重する働き場が求められています。たくさん稼げなくても、自分を認  めてくれる働き場がどれだけ人を変えるか、生きいきとさせるか、私た  ちのささやかな挑戦がそれを実証しています。

この冊子をご購入頂き、ぜひご活用ください。

申込用紙はこちらです。⇒ ダウンロードして下さい。


「闘う 社会的企業」
(編者紹介)
藤井敦史:立教大学コミュニティ福祉学部教授(NPO論・社会学)
原田晃樹:立教大学コミュニティ福祉学部准教授(地方自治・行政学)
大高研道:聖学院大学政治経済学部教授(社会教育論・社会的企業論)
他に現場の立場から藤井千草ワーカーズ・コレクティブネットワークジャパン事務局長と岡田百合子ワーカーズ・コレクティブ協会事務局長の二人が執筆しています。
 
第7章に「困難を抱える人たちとの共働をめざして」のテーマで、協会の成り立ちから現在行っている就労支援事業、そして協会の果たすべき役割について書かれています。

定価:3,300円+税

・神奈川県社会福祉協議会の機関紙
「福祉タイムズ」に協会の活動が掲載されました
 ⇒記事のスキャンデータ

・横浜市政策局が発行している「調査季報171号」に「中間労働市場を創り出すコミュニティ経済」としてワーカーズ・コレクティブが取り上げられました。
  ⇒「横浜市のページ」

2017年度の活動

3月
・NPO法人ワーカーズ・コレクティブ蒲公英の研修会で講師を努めました。

1月
・済生会神奈川県病院のソーシャルワーカーの会で生活困窮者に対する就労支援について講師を努めました。
・神奈川県社会福祉士会の研修会で、「就労準備支援とは」について講師を努めました。
・生活困窮者自立支援制度3年目の見直しに向けて厚労省のヒアリングを受けました。

12月
・生活クラブ生協の監事研修で講師を努めました。
・コミュニティ・オプティマム福祉ユニットの自主企画講座でコーディネートと、講師を努めました。

11月
・神奈川県生活協同組合連合会の学習会で、協会の就労支援の活動について講師を努めました。
・さがみ生活クラブ生協の学習会で講師を努めました。
・パートナーシップ促進センターの次世代のリーダー研修で講師を努めました。

10月
・立教大学で「市民活動の組織とマネジメント」をテーマにゲストスピーカーを努めました。

9月
・福祉クラブ港北地域協議会の社会講座で、はっぴい&キャリー「くらしのサポート事業」活動紹介、具体的な利用の仕方をテーマに講師を努めました。
・神奈川区小規模多機能ワーカーズ・コレクティブ設立準備会で協会の活動について紹介しました。
・神奈川区居宅介護支援ワーカーズ・コレクティブ設立準備会で協会の活動について紹介しました。
・(N)ワーカーズ・コレクティブオリーブの全体研修会で講師を努めました。
・公益財団法人 地方自治総合研究所の研究会で、協会の就労支援の取り組み等の報告者を努めました。

8月
・よこはま若者サポートステーションの「ワーカーズ・コレクティブ」についての学習会で講師を努めました。
・栄区居宅介護支援ワーカーズ・コレクティブ設立準備会で協会の活動について紹介しました。

6月
・キャリーエル(企)のリーダー研修で、「ワーカーズ・コレクティブ運動」について講師を努めました。

5月
・福祉クラブ生協の共育講座で講師を努めました。
・(N)まちづくり情報センターの講座で、協会の活動についてゲストスピーカーを努めました。

2016年度の活動

3月
・昭島(東京都)・生活者ネットワークから、はっぴい&キャリー事業の見学依頼を受けコーディネートしました。
・生活クラブの生活再建相談事業を担当する家計相談員研修で講師を努めました。
・共同連の社会的事業所研究集会 名古屋大会で報告者を努めました。

2月
・高知県立大学の研究者から協会の活動についてヒアリングを受けました。
・協会の取り組みについて座間ユニット学習会で講師を努めました。

1月
・港南まちづくり連絡ユニット協議会の学習会で生前整理・遺品整理のテーマで講師を務めました。
・(企)ワーコレ・キャリー全体会の講師を務めました。
・ワーカーズ・コレクティブひまわりの研修会で講師を務めました。

12月
・福祉クラブ生協港南連絡会議の社会講座で「はっぴい&キャリー」の活動紹介、具体的な利用の仕方をテーマに講師を務めました。

11月
・PCセンター(パートナーシップ促進センター)で、ワーカーズ・コレクティブ運動について理解を深めるための学習会の講師を努めました。
・生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、「孤立させず、地域でつなぎ支えるには」をテーマに徹底討論のパネラーを努めました。

10月
・相模生活クラブの学習会で「若者の就労支援」をテーマに講師を努めました。

9月
・共同連第33回全国大会第5分科会テーマ「生活困窮者自立支援制度における就労」で講師を努めました。
・福祉クラブ生協港南連絡会議の社会講座で「はっぴい&キャリー」の活動について紹介しました。
・生活クラブ生協専務会議研修で「就労準備支援事業について」をテーマに講師を努めました。

7月
・立教大学コミュニティ学部で、ワーカーズ・コレクティブ協会の活動について、ゲストスピーカーを努めました。
・ワーカーズ・コレクティブキャリーエル企業組合の研修で「参加型組織運営」をテーマに講師を努めました。
・「生活と自治」へ掲載のため取材依頼を受けました。「ワーカーズで暮らしのサポート事業」に取り組む「はっぴい&キャリー」の取材コーディネートをしました。

6月
・神奈川大学で「協会の就労支援」をテーマに講師を努めました。 ・神奈川大学 寄附講座にて「若者の就労支援や、地域で雇用創出にチャレンジするワーカーズ・コレクティブ運動」をテーマに講師を努めました。
・川崎生活クラブ生協 新しいリーダーを対象とした地域生協オリエンテーション講座で「地域ニーズとたすけあい、街づくりに活かす働き方を学ぶ」をテーマに講師を努めました。
・WE21ジャパンなかの学習会で協会の活動や、就労支援の現状などをテーマに講師を努めました。

5月
・協同組合学会の春季大会で、生活クラブ神奈川と困窮者支援について報告しました。
・ワーカーズ・コレクティブメロディ総会後、「ガバナンス調査から見えた地域におけるワーカーズ・コレクティブの価値」をテーマに学習会の講師を努めました。

4月
・東村山地域協議会で「共に働く 神奈川の事例」をテーマに学習会講師を努めました。
・かわさき生活クラブ 地域生協オリエンテーション講座の講師を努めました。