キャッチイラスト
最新情報見出し
□2016/04/01


第12回通常総会開催とフォーラムのご案内

 第12回通常総会を開催いたします。
 総会終了後、「困窮者支援を通して協同組合が果たす役割を考える」のテーマでフォーラムを開催します。困窮者の相談は40代以上が多く、働いても年金だけでは生活できないという高齢者の相談も多くあります。私たちもいつ困窮になるかわからない時代となりました。非営利・協同の私たちがこの社会状況に対峙し、何をすべきか、何ができるのかを考える機会にしたいと思います。


日 時  2016年5月17日(火)
第1部  第12回通常総会 13:00~15:00
第2部  フォーラム    15:15~17:15
会 場  横浜みなと博物館  訓練センター
http://www.nippon-maru.or.jp/info/access.html
みなとみらい線「みなとみらい駅」「馬車道駅」、
JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩5分

≪フォーラムプログラム≫

基調講演「困窮者支援から見える問題・課題解決に向けて」
講師:田中 夏子さん(都留文科大学教員)
各団体報告
テーマ『共に働く・暮らす』をめざして -協会の実践から
ワーカーズ・コレクティブ協会理事長 中村久子
テーマ『生活クラブ生協における困窮者支援について』(仮)
生活クラブ生協より
テーマ『福祉クラブ生協のネットワーク方針から実践へ』
福祉クラブ生協より



 平成28年度 横浜市就労準備支援事業を受託しました。 詳細については、社会的に不利な立場とされた人たちの就労支援・社会参加の推進 ページをご覧ください。



はっぴい&キャリー くらしのサポート事業をご紹介します!

ワーカーズ・コレクティブはっぴいさんと、企業組合ワーコレ・キャリーが一緒に取り組む 「くらしのサポート事業―遺品整理・片付け事業」の本格実施に向けた実験取り組みが始まりました。
詳細はpdfファイルをご覧ください。 ⇒pdfファイルはこちらから



『就労準備講座』終了の報告

 「就労準備講座」は2月22日の「ポスト講座」で終了しました。
 全講座参加者13名は修了書を受け取り、今後はワーカーズ・コレクティブで出来る事をしたいといった感想も多くありました。1月の「片付け、お掃除」の実践編、2月に入ってからは「はっぴい&キャリー」の引き取り品の保管センターである「港北センターおもしろそう庫」の片付け事業の体験と初めての経験を重ねて福祉への関心が高まった方もおられます。それぞれの方が、自分の可能性を広げるきっかけとして活き活きと参加して下さった講座となりました。これからも引き続きこのような企画を考えていきます。



□2016/02/25
機関情報紙「SEN」 no.69を発行しました。抜粋記事を掲載中です。詳細は広報事業ページへ。

「闘う 社会的企業」
(編者紹介)
藤井敦史:立教大学コミュニティ福祉学部教授(NPO論・社会学)
原田晃樹:立教大学コミュニティ福祉学部准教授(地方自治・行政学)
大高研道:聖学院大学政治経済学部教授(社会教育論・社会的企業論)
他に現場の立場から藤井千草ワーカーズ・コレクティブネットワークジャパン事務局長と岡田百合子ワーカーズ・コレクティブ協会事務局長の二人が執筆しています。
 
第7章に「困難を抱える人たちとの共働をめざして」のテーマで、協会の成り立ちから現在行っている就労支援事業、そして協会の果たすべき役割について書かれています。

定価:3,300円+税

・神奈川県社会福祉協議会の機関紙
「福祉タイムズ」に協会の活動が掲載されました
 ⇒記事のスキャンデータ

・横浜市政策局が発行している「調査季報171号」に「中間労働市場を創り出すコミュニティ経済」としてワーカーズ・コレクティブが取り上げられました。
  ⇒「横浜市のページ」

2015年度の活動

3月
・民主党 「共生社会シンポジューム」でゲストスピーカーを努めました。
・座間市社会福祉協議会 貧困をテーマのフォーラムで分科会の講師を努めました。
・参加型福祉まちづくりフォーラム2015でゲストスピーカーを努めました。

2月
・韓国の貧困運動をしている社会投資財団メンバーの視察の受け入れを行いました。

1月
・韓国・清公会大学校 張承権(チャン・ソンクォン)教授の協会・ばあばの家の視察受け入れを行いました。
・福祉クラブ生協の学習会でワーカーズ・コレクティブ協会について講師を努めました。

11月
・参加型福祉研究センター第1回コミオプセッションの講師を努めました。
・市民自治講座「働きやすく、暮らしやすい職場の作り方を学ぶ」 講師を努めました。
・府中市男女共同参画推進フォーラムで講師を努めました。
・(企)ワーカーズ・コレクティブミズ・キャロットの総会で講師を努めました。

10月
・協同組合学会でガバナンス調査の報告をしました。
・非営利協同によるマイクロクレジット研究会で「共に働く」をめざして~就労支援の実践と題し講師を努めました。
・府中ネットの「ばぁばの家あさだ」とワーカーズ・コレクティブはっぴいさんの設立から現状について」コーディネートをしました。

9月
・協同組合学会でガバナンス調査の報告をしました。
・神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会 暮らし・まちW.Co協議会 「生きにくさを抱える人たちの社会的自立支援」 講師を努めました。
・「ガバナンス調査の報告からW.Coとしての優位性を確認し、中間支援組織としての役割を再考する」講師を努めました。
・福祉クラブ生協「W.Coガバナンス調査報告」の講師を努めました。
・ヨコハマパトナの会 事例報告を発表しました。

8月
・日韓社会的経済セミナーに出席し、「神奈川におけるワーコレ運動と生活困窮者支援」について話題提供をしました。

7月
・立教大学ゼミで「ワーカーズ・コレクティブ協会の取り組み」について講師を努めました。
・DVD製作の協力をしました。

6月
・Vision地域生協リーダー講座講師を努めました。テーマ「地域に必要なことは何か」
・神奈川大学 講座の講師を務めました。テーマ「社会的に不利な人たちと共に働く・暮らす」
・地域WEの呼びかけで開催された就労支援学習会の講師を努めました。

5月
・むすびって総会後に講演を行いました。
 「はっぴいさんをはじめようと思ったこと。地域ニーズとは。」